FC2ブログ

ホイール振れ取り 

スポーク交換作業の続きです。
車体からホイールを外しタイヤやチューブ、ブレーキなどの部品を外し
先々代から受け継いだ、年期物振れ取り台へセットします。

PA0_0010.jpg

折れたスポークと、大きく曲がってしまったスポークを抜き取り
新品のスポークを編みこむように取り付けます。

スポーク1本1本の引っ張り合う力で、リムが振れないように
ホイールの円形を保っているので、折れた所はリムが片寄ります。

PA0_0007.jpg

横方向と縦方向の振れのバランスを取りながらニップルを締めていきます。
この時、元々組込み済みスポークとの張りのバランスも気にかけつつ
ホイールのセンターを探り出し、振れ幅を1mm以内(左右0.5mm)に収めます。

PA0_0006.jpg

ぜーんぶ新品で組めばセンター出しもそれほど難しくないのですが、
中古の補修だとこれがなかなか難しいんですよ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する